毎日の入浴が、冷えに負けない体に「入浴方法」

冷え改善方法

効果的な入浴のためのポイント

入浴は、毎日の生活の中で、体の冷えをとって温める、もっともたいせつなもののひとつです。ただし方法を間違えると、
かえって冷えを悪化させることがあります。

シャワーよりは湯船に入る

シャワーには、水圧で肩や腰などを部分的に真サージする効果がありますが、体を温めるという面から見ると、ほとんど効果はありません。
一年中シャワーだけという人は、体のしんから温まっていないので、しだいに冷えをため込むことにもなります。

お湯はぬるめにする

熱い湯は、交感神経を刺激して血管を収縮させ、体の表面だけを急激に温めてバリアを作ってしまいます。
体のしんが温まらないので、お風呂から上がってから冷めるのも早いのです。体温より少し高い38~40度くらいの、ぬるめのお湯に
じっくり入れば、体のしんが温まり、汗もでて代謝がよくなり湯冷めもしません。

下半身を中心に温める

温まった体を冷やさないためには、すぐ靴下、ズボンなどをはいて下半身から体温が逃げないようにして下さい。暑いときは、上半身は裸でもかまいません。

« »