私が実践した冷え性の改善方法

体験談

平熱は36.8度あるのですが、末端が冷え性です。特に足の先の冷えがひどく、冬は靴下を重ね履きしてもなかなかなおりません。
少しでも冷えを改善させようといろいろ努力をしています。
まず衣類を一枚多く着込むようにしました。着込む衣類は、機能性肌着だけにこだわらず、体調や気温を見てベストやトレーナーなど幅広く選びました。

つぎに靴下も工夫しました。話題になる五本指の冷えとり靴下も購入したのですが、五本指というのが苦手で続きそうになく、逆に足の先に冷えを感じるくらいです。
冷えとり靴下の重要なところは、絹混の靴下と、綿の靴下を交互に重ね履きするということなので、市販品で絹混の生地と綿の生地の二層仕立てになっているものを探して購入しました。
こちらのほうが五本指靴下のような違和感も感じることなく、ストレスなく履くことができます。
冷えも、締めつけの少ないものを選んだのでだいぶ改善されました。

首周りの冷えも、冷え性の方にとっては重要なポイントです。
首周りが冷えることにより、肩やお腹が冷えてめまいや自律神経の乱れなど重大な症状を引き起こすきっかけになります。
首周りの冷えには、ネックウォーマーや小さい貼るカイロを使いました。
ここを温めることによって、体全体がぽかぽかと温まる感じがしました。

冷え性対策として効果があった順は、首周りを温めること、靴下の重ね履き、一枚多く着込むです。
首周りを温めることは相当効果が高いようです。

« »