冷え改善の服装

体験談

冷え性は手先足先が冷えて、部屋があったかくても快適
でない症状です。まずよくないのが室内で厚着をすることです。足先が冷たいので靴下を二枚はく。ズボンに下にモモヒキ
を履く。首にスカーフを巻く。そしてコタツやストーブの前で
動かずにテレビを見ている。

これでは冷え性は治りません。靴下を二枚はくと足先の感覚
がにぶくなります。ズボンを二枚はくのも同じことです。
室内でスカーフをしないと寒気がするのも異常です。

室内では厚着をしないで、体がよく動く軽いものを身に着けましょう。そしてなるべく動き回ることです。室内でラジオ体操
をするのも効果があります。体の筋肉の半分以上は
下半身にありますから、この筋肉を動かすことで全体の
血の巡りがよくなります。

食事の時はしょうがやとうがらしなど体を温めるものを
積極的にとります。

それから就寝前から寝室を暖めておくこと。寝る一時間前
には足元に湯たんぽを入れて暖めておくと、寝つきがよくなります。夜布団に入ってから足先が冷たいようでは、
いい眠りは期待できません。

« »