朝までぐっすり!梅醤番茶で冷え改善

体験談

私は自他共に認める冷え症です。
夜、入浴後にすぐに布団に入っても、寝付くまでに足の冷えが気になるほどです。
冷え性のせいか、季節を問わずに夜にトイレに2~3回言っていました。
そんな私が、朝までぐっすり眠れるようになった方法は、
「就寝前に梅醤番茶を飲む」というものです。
梅醤番茶とは、梅干しにお醤油、生姜を入れて練ったものに、番茶を注いでできる温かい飲み物です。
飲み始めたきっかけは、冷え性を改善する漢方などはないかインターネットでさがしていたところ、体を温める(体を陽性にする)飲み物として紹介されていたことでした。
漢方を処方してもらうとなると、かなり金額もかかるようなので躊躇していました。
しかし、梅醤番茶であれば、家にある材料で簡単にできそうなので早速その晩作ってみました。
すぐに体がぽかぽかするわけではなかったのですが、朝までぐっすり眠れて、トイレに起きることがありませんでした。
翌日も試してみたところ、やはりトイレに起きることはなく、その後、ずーっと熟睡に恵まれています。
安くて簡単にできる冷え性対策で、ぜひお勧めです。

« »