自律神経の乱れが冷え症のサイン

冷え症基礎知識

暑いときと、寒いときでは自律神経の働きも変わる

体には、絶妙な体温調節装置があります。私達が37度前後の体温を維持できているは、この装置(自律神経系)のおかげです。

例えば、外気温が下がり寒くなると、皮膚にあるセンサーは、この情報をキャッチして脳にある体温調節に伝えます。これを受けて体温調節中枢は、体内で作られる熱の量や放出する量を調節します。また脳は、体から熱を放散する量を少なくするため、血管を縮める指令を出します。
一方、気温が高くなり熱が体内にこもるようになると、血管を広げ、熱を外へ逃がす指令を出します。このように、脳へ情報を運んだり、脳からの指令を伝えて臓器や血管を働かせているのが、自律神経です。

自律神経には、交感神経系と副交感神経系とがあり、呼吸、血圧、発汗、排尿、排便など、体中の機能を活発にしたり抑えたりして、生命を維持しています。

自律神経とは、体中にはりめぐらされたコードのようなもので、オンとオフを切り替えながら、体の機能を調節していますが、冷えに長年さらされつづけていると、この切替装置に乱れが生じ、その結果、自律神経の不調症状があらわれるのです。

« »