冷え症とは

冷え症基礎知識

西洋医学には「冷え症」という病名はない

体温をはかってみても特別に低いわけではない。血液や内臓を調べても異常はない。

なのにつらい冷えの症がある・・・。冷え症は、とらえどころない病気です。

成人女性の2人に1人は、冷え症で悩んでいるというデータもあるほど、ポピュラーな病気であるにもかかわらず、西洋医学ではには冷え症についての定義がありません。そもそも、冷え症という病名がないのです。

西洋医学では、冷えとは末端の血管が収縮して、皮膚にくる血液が不足している状態と考えます。これが高じて手足や腰など、体の特定の部分が冷たく不快に感じられる状態が6ヶ月以上つづくと、「冷え性」とされます。病気ではないので「冷え症」ではなく、「冷え性」であり、血行が悪い体質、あるいは老化や更年期に伴って出てくると症状が考えられます。

治療法も進んでいるとはいいがたく、血行改善のためのビタミンE剤などが処方される程度です。悩んでいる当人も、体質だからあきらめてしまうことも多いようです。

東洋医学では、様々な病気が「冷え」から始まるとしている


一方、東洋医学では病は体の冷えた部分から入りこむととらえます。冷えは不調を知らせるシグナルであり、冷えが体にたまると病的変化を起こして冷え症になると考えるのです。

冷えを病気の入口とみれば、体質だからとあきらめて放置することはできません。
東洋医学では、漢方薬など、冷え症の治療法が発達してきました。また体を温めるための生活上のノウハウも、豊富に培われてきました。
冷え症は、東洋医学がもっともとく意図する分野といえます。

« »