冷えとり「湯たんぽ」②

体験談

ポカポカポイント

夜だけでなく一日中使う

冷えに悩んでいる人こそ、日中も積極的に湯たんぽで加熱しましょう。
加熱する時間を長くするほど体に入っていく熱の量もふえ、冷えたい質が改善されやすくなります。
朝、体の調子を立ち上げたいとき、昼間に冷えによる不調を軽くしたいとき、また、入浴の温め効果をたかめるのにも湯たんぽが役立ちます。
立ち仕事の人でも、食事や休憩時間、デスクワーク時などで座るタイミングはあるはず。5分、10分といったこま切れ加熱でも、続けることで熱のたくわえ

« »