冷えには温野菜をとる

食べ物


冷え症の人は温野菜をとりましょう

西瓜、トマト、キュウリ、ウリの類は、食べればよく尿がでます。よく尿がでるということは、体内の温かい水分がよく排泄されるということですから、からだが涼しくなるわけです。
だから夏にトマトやきゅうりをたべるのはりにかなっていることです。
しかし、「冷え症」は一年中からだが冷えているわけだから、夏でも生野菜、果物は遠慮したほうがよい。
冷房がきつい職場で働く場合は、特にです。夏でもそうですので、冬にハウスで育ったトマトやレタスをたべるとあまりよくない。
しかし、「冷え症」には温野菜サラダがあります。
カリフラワーやブロッコリー、人参、ピーマン、玉葱、モヤシ、ごぼうなどを温野菜サラダにして食べるとよい。
例えば夏の朝はさっと湯通ししたピーマンのサラダに、色どりとして少々トマトやキュウリを加えるというように。
ごぼうももやしも陰性ですので、熱を加えれば陽性に近づける。
白菜やキャベツもさっと熱を通せば、冬でも問題ありません。
そのほうが量も食べれる。だから、茹でた野菜はビタミンの供給源として生野菜より効率がよい。
酢は陰性だから控えめにして、体を温めるしょうが、にんにく、鉄分の多いしその葉をドレッシングにくわえるものよい方法です。

« »