冷えをつくる水分のとりすぎ

冷え症基礎知識

うまく排出されずに体内にとどこおった水は、冷えや不調を招く

水を飲むことは←まや健康つくりの基本のようです。医学や栄養学の多くの専門家が、1日1〜2Lもの水を飲むようにすすめています。
そこには水分補給だけでなく、より大きなポイントとして、体内に停滞している老廃物を、水によって「排出させる」という意味合いがあるようです。
ブームの「デトックス(歳出し)健康法」も、この流れのひとつでしょう。ただし、誰も彼もが同じように大量の水を飲んでもよいものか、疑問も残ります。
水分は、運動などで汗や尿となって排出されればよいのですが、いまは体は動かさなくても水だけは飲むという人がほとんど。
体が冷えていると、水分は代謝されにくいのです。
それでなくても日本の気候は湿気が多く、過剰な水分は住々にして、排出されないまま体の中にたまっていきます。
このような余分な水分が、さらに冷えをよび、不調の原因になっていきます。
東洋医学でいう「水毒」です。水毒といっても、水そのものが悪いというわけではありません。
東洋医学では、体の中で水分がとどこおったり、一部に偏ってたまり、調和がとれなくなっている状態を「毒」と考えるのです。
たとえば、鼻水や疾がしきりに出るのに体力ら余分な水を出して冷えをとり除こうとする反応です。
そのほか、めまいや耳鳴り、頭痛、リウマチ、ゼンソクや花粉症などのアレルギー疾患、下痢、動惇なども、東洋医学では、水分の代謝がうまく行われず惇呼内にとどこおっているために起こる病気とされます。

年齢とともに体内の水の代謝は不安定

私たちの体は、60~80%が水によって占められています。
水には、細胞の中にある水分(細胞内液)と、細胞の外にある水分(細胞外液)とがあります。
細胞の中の水分は、細胞の膜に包まれ中に閉じこめられているのでおとなしくしていますが、細胞の外の水分は、体の中をあちこち移動します。
体の中の水分は、年齢を重ねるにしたがって少なくなりますが、主に減るのは細胞の中の水分。
そのため細胞自身力しぼんでくるのです力細胞の外にある水分は、それほど減らずに、体の中を動きまわります。

若い人にくらべて、お年寄りがすぐにむくんだり、逆に脱水症状を起こしやすいのは、細胞の中の水分が減って、細胞の外の水分が体の中を動くためです。
お年寄りがどんなに水を飲んでも、みずみずしくならないのは、飲んだ水が細胞内に入らず、細胞の外にだぶついてしまうからです。
しかし、お年寄りの場合は、水分のとり方が少なすぎてもいけません。
体の中の水分が少なくなると、血液中の水分も足りなくなって、血液が濃く粘りつくようになり、血栓(血のかたまり)などができやすくなります。
このように、年をとるほど体の中の水の代謝は不安定になって、早く排出されすぎたり、逆に1カ所にとどまりすぎたりもします。
そのため、お年寄りの周囲にいる人は、水分のとり方や、汗、尿などの状態に気を配ってあげる必要があります。

« »