ホルモンバランスを整える食事

ブログ

女性ホルモンをサポートするイソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をもつのがイソフラボンです。大豆の胚芽に多く含まれる色素の一種で、体内ではエストロゲンの不足を補うように働きます。生理不順や更年期障害の症状をやわらげるのをはじめ、肌を美しく保ったり、骨粗しょう症を防ぐ働きがあります。エストロゲンの過剰分泌が原因の一つとされる乳がんを、予防する働きもあるといわれています。
大豆製品に多く含まれるため、納豆やみそ、大豆の水煮、きなこなどを上手にとり入れましょう。1日の目安は40mg以上です。

生理不順や冷え症にビタミンE

ビタミンEは体の中でプロゲステロンの材料となるとともに、ホルモンの分泌やバランスをコントロールする働きがあります。
卵巣の機能低下や、ホルモンバランスがくずれる更年期障害の治療に、病院で処方されています。
血液の流れをよくする効果があるので、血行不良で起こる生理痛や肩こり、頭痛や冷え症などの症状改善にも役立ちます。

« »