スパイスの薬効を、冷え予防にも活用しましょう

食べ物

体を温めるスパイスは、香りでも、自律神経への効果あり

多くのスパイスには、体を温める効果があります。
冷えの予防のために、毎日の食事にじょうずにとり入れたいもの。
主なスパイスの特徴をあげてみます。

●ういきょう

特に血行をよくして、体全体を温める薬草です。
胃腸の調子をととのえる働きがあります。
また、神経に作用して気力の充実作用がありますので、体が冷えやすく、なんとなくやる気が出
ないという虚証のかたは、常用すると気力が充実してきます。また胃腸だけぼうこうでなく
腎や勝耽系にも働くため、冷えて下腹部が痛むときや、勝耽炎などき上たん
にも効きます。解毒作用、去疾作用、鎮痛作用もあります。

●こしょう

胃腸を温め、調子をととのえます。特に気が逆上しているのをしずめる働きがあるため、冷えによる消化不良で
堰吐がはげしいときに効きます。解熱や筋肉のこりを除く作用もありますので、かぜの初期にもいいものです。
また、血液の循環が乱れて古血がとどこおる疲血を下す作用もあります。

●さんしよう

胃腸を温めて食欲を進めるとともに、魚や肉の毒を消す作用があります。
また消炎、利尿、鎮痛作用、かぜを治す、などの働きがあります。

●とうがらし

最も体を温める作用が強いスパイスです。
特に消化器系を温めて、食欲を増進させる効果があります。
また除湿作用力あるの一‐梅雨どきや夏の蒸し暑いころ食べると、発汗を促して新陳代謝を活発にします。
このほかにもサフラン、ハッカ、しょうが、しそといった香りの強いものが冷えに効果があります。
スパイスの香りは、アロマテラピーに使われるハーブのように、自律神経に作用して気のめぐりをよくする効果もあります。
ただし、スパイスは刺激物ですから、一度に大量にとると内臓を傷めるおそれがあります。
少しずつ、毎日とることが、スパイスの効果を引き出す秘訣です。

« »