男性にあらわる冷え症

冷え症基礎知識

実は男性にも更年期障害があります

女性の冷えのトラブルは、子宮にあらわれることが多いのですが、男性の場合は腎臓です。
男性の中年期に多い腰痛やインポテンツは、冷えによって〃腎〃(東洋医学では腎臓と泌尿生殖器をさす)が弱
るために起こることが多いのです。腎臓は、血液中の老廃物を尿にして排池する働きがあります。また、腎臓
の隣にある副腎は副腎皮質ホルモンをつくるところで、スタミナのもとでもあります。
肝臓と腎臓は相関関係にあるので、肝臓が弱るとその毒を腎臓が引き受けます。
すると副腎皮質に影響ヵきてスタミナカ落ち疲れやすくな
ります。冷えは、ホルモンを調節する自律識神経の働きを乱しますが、男性の場合は、肝臓から腎臓に、その影響が出ます。
男性も、年齢とともに男性ホルモンが減り、そこにストレスによる自律神経の乱れが加わって性欲減退、疲労、
不眠などの不定愁訴が出てきます。
これが男性の更年期障害です。
男性の更年期は、女性より加年おそい帥才代後半からとされますが、最近は若年化の傾向があり、早い人では釦才代から症状が出てきます。中年期の男性が原因不明の疲労で悩んでいたら、それは更年期障害の始まりかもし

« »