冷え性は女性だけのもの?

冷え症基礎知識

冷え性はなぜ女性に多い?

冷え・症に了とかく女性の病気と思われがちです。たしかに女性の体は、冷えをためやすい傾向にあります。
冷えは血液の循環が悪くなると起こりますが、いちばんよくあらわれるのが、手足と下腹部。
それでも、手足はよく動かすところなので、筋肉の収縮・弛緩に伴って物理的に血液の循環が促されます。
しかし下腹部は、運動量が少ないので、一度冷えると血のめぐりが悪くなります。
しかも女性の下腹部は、子宮や卵巣などがあって、構造的に複雑なため、いっそう血液が停滞しやすいのです。
この血のとどこおり力さらに体を冷やしていきます。
また、毎月繰り返される月経も冷えに影響します。月経のとき、女性の体は一時的に貧血状態になり、代謝機能が弱まります。
血液の量も減り、赤血球によって運ばれる酸素が少なくなりますので、熱エネルギーがつくられにくく、冷え
やすくなります。しかし月経による貧血は一過性のものですので、本来なら次の月経までには体力(月経の出血による貧血)は回
復しているはずです。
ところが、冷えをためるライフスタイルをつづけると、体力が回復するどころか、貧血が恒常的になっていきます。

« »