自分では気づかない 「冷え」

冷え症基礎知識


ほてりものぼせも「冷え」のあらわれ

冷え症になると体の特定の部分か冷たく感じます。これはすぐ気づきます。しかし、冷え症の症状はこれだけではありません。
冬でも足がほてったり、体全体がほてる、足元は冷たいのに上半身はポッポと熱く、顔がのぼせる。これも冷えのあらわれです。
ほんとうは冷えているのに、冷えに憤れてしまって冷えを感じないまま過ごすと、進みすぎた冷えを砲雌渦し、体温を戻すため発熱が起こり、そのためにほてることもあります。

また「冷えのぼせ」というのは典型的な冷えのあらわれで下半身(特に足くびから先)が低温で、上半身が温かい状態です。
これは相対的なもので、いくら足元を温めても、上半身がそれ以上に熱ければ、冷えです。
あるいは大汗をかいたり、体がむくむのも冷えのあらわれですが、これはすいどく体に水分がとどこおって起こる水毒(東洋医学でいう水が停滞し、偏在している状態)による症状で、まず名水のトラブルを治さなければなりません。
ただ温めても治らない冷えです。冷え症はすべて温めればいいわけではありません。
タイプによって治療法も異なります。そのためにも、自分はどんな冷えタイプなのかを知ることが

« »